持ち運び可能な記者会見パネルの長所とは

企業の存続と発展の要と言えば、宣伝です。素晴らしい技術力を持つ企業でも、その存在を世間の人々に知られなければ、安定的な利益は確保出来ません。また世間の人々に対して継続的に、宣伝活動を進める事が肝心です。 常に自社の業績や理念やサービスをアピールしなければいけません。実際に多くの大企業は継続的にテレビCMを放送しており、また折込チラシといった手法での宣伝活動も行っています。宣伝こそビジネスの基本であり、それをスマートに実践する事が経営者や広報担当者の手腕の見せ所です。 現代社会はマルチメディアの時代です。文字よりも画像や動画が重要視されています。現代の環境に適応するべく、色々なマーケティングの方法を考えなければいけません。新しい手法を積極的に取り入れる事も大事です。

ユーザーやクライアントに自然体で自社をPR

記者会見やスポーツのヒーローインタビューの場面で、近頃毎回目にする物と言えば、記者会見パネルです。専用のボードを設置する組織、チームがここ数年で劇的に増加しました。最初はサッカーのヒーローインタビュー等で、大会スポンサーのロゴマークなどを視聴者にPRする目的で広がった物です。 その様子を見たアイデアマンの政治家や経営者が、その応用力に目を付けました。今では多くの企業と組織の会見の場で使われており、自然とテレビやネット動画に背景の文字や画像が映るため、ユーザーやクライアントに対して違和感なく、自社の宣伝活動が出来ます。 自社の製品やサービスなどを会見中に、背景に並べる事は難しいです。しかし、文字や画像をパネルに掲載する事は容易です。記者会見パネルは低コストで、即取り入れられるマーケティングの手法です。

専用のパネルを準備すれば、取材対応も臨機応変に

何もない殺風景な会議室で、記者会見を開いた場合、画面が映えません。また突然記者やテレビのクルーが訪れた時、そういった取材対応に適した部屋がなければ、応じられません。企業秘密が詰まった職場を背にして取材を受ける事はかなりリスキーです。 ただし、突然テレビや地元新聞の記者が訪れた時も、持ち運び可能な記者会見パネルがあれば一安心です。部屋そのものが確保出来なくても、パネルさえ準備すれば、素敵な画面が映える背景が用意出来ます。また企業秘密を違和感なくパネルを隠す事もでき、自社の製品名や社名などを印刷した物を準備しておけば、写真や動画を通して、広く大勢のユーザーにPR出来ます。 マルチメディアの全盛期となった今、取材対応用の素敵な背景を準備しておく事は、中小企業や個人経営のお店にも求められます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加