記者会見パネルは両面印刷も可能になっています

記者会見パネルは両面印刷も可能になっています。広いフロアでの記者会見を行う場合には、片面のみの印刷では不十分な場合もあるはずです。 注文にあたっては、ネットで手軽に実施していくことが出来、支払い方法についても、銀行振込だけではなく、クレジットカード決済等、様々な方法での決済が可能となっていきます。 印刷するデザインについても、オリジナルなデザインだけではなく、各種のテンプレートを用いての入稿も可能になっていますので、社内にデザイナーがいなく不安な企業様であっても安心して対応をしていくことが出来るようになっています。最短で当日からと短納期での注文も可能になっています。法人の場合には、掛け払いも可能になっていて、後日の支払いも出来るようになっています。

会員限定のサービスも導入されています

会員登録を行うことで、記者会見パネルを購入した金額の5%の還元が行えるようにもなっています。また、次回のイベント時にスムーズな発注が出来るように、マイページ機能も備わっています。 頻繁にイベントを開催する場合には、再度見積もりを実施していくのも難しい場合も多かったりするはずです。手続き無しで請求書後払いを選択していくことも出来、予算の都合に応じた発注を行ってくことが可能になります。 購入金額が多くなっていく場合には、送料無料で注文を行っていくこともでき、日時指定をしての配送も可能になっています。急なイベント開催が決まった場合には、急ぎで注文をする場合も多かったりするはずです。大口での注文の場合には、お得な割引もあり、大規模イベントも安心になっています。

各種テンプレートも備わっています

記者会見パネルを作成していくにも、自社でデザインを行っていくのが難しい場合も多かったりするでしょう。一般的なデザインソフトを使えるようであれば、サイトから各種のテンプレートのダウンロードを行っていくことで、迅速なデザイン作成を実施していくことも可能になっていきます。 自社のイベントにあったテンプレートを選び、自社のロゴや会見名称を入れていくことで、スピーディなパネル作成を実現していくことが可能になっていきます。 イベントの開催を頻繁に行う予定が無い場合には、バックパネルをレンタルするシステムもあり、低コストでのイベント用パネルの作成を可能にしてもいきます。出力先も様々な素材を選んでいくことができ、イベントのイメージにあった素材を選んでいくことで、来場者に好感をもたれるように仕上げていくことができます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加