記者会見パネルはこんな会社に制作してもらうのが一番!

イベント会場のステージに華やかさを添えるのが、人物のバックとなる記者会見パネルです。パッとひと目を惹き、企業の宣伝をする効果もあるパネルは、簡単に持ち運びが出来て、さらに組み立てや撤収も迅速に出来ます。
便利なバックパネルは、記者会見やインタビューを始め、展示会や企業セミナー、ショールームなど、様々なシーンで大活躍しています。イベントが華やかになり、写真や映像としても美しく映えます。
多くの人の目につくバックパネルは、高品質なものを選びたいものです。バックパネルの制作と販売の経験が豊富で、実績のある会社なら、バリエーションも豊富なので、ご要望通りのデザインと品質のパネルを必ず制作してもらえます。数多くあるタイプから、サイズやデザインなど、それぞれのイベントの用途にあったものを選ぶことが可能です。

業界1位のバリエーションというデザインの豊富さ

記者会見パネルの組み立てと片付けはとても簡単です。軽いので、初めての方や女性だけなどでも短時間で組み立てられます。折り畳んでキャリーバッグに入れる事が出来るので、どなたでも簡単に持ち運びが出来ます。
幅の広さは様々です。基本の大きさから幅の広いものまであり、ワイドタイプをご希望の場合は、何台かを連結する事も可能です。屋内と屋外タイプがあるので、スポーツなどのイベントでも使用出来ます。
記者会見パネルは、サイドのあるタイプと無いタイプや、継ぎ目なしで高級感を打ち出したものなど、デザインは豊富で、業界ナンバーワンのバリエーションを揃えています。スクリーンが片面のみではなく、両面に印刷されたタイプもあるので、パーテーションに利用する際には最適です。

デザイン作成からアフターフォローまで安心してお任せできます

パネルの制作は、オンラインから入稿するだけなので、簡単です。イラストレータ―やフォトショップなどのイラストソフトを使い、作成したデータを送ります。データ作成用に用意された無料テンプレートを使用する事も出来、無料のスクリーン素材サンプルを使用して色などの確認をする事も出来ます。色の校正や補修のパーツなどのサービスは有料で利用できます。
データ作成が苦手な方や、忙しい方には、プロのデザイナーがご希望通りのデザインを作成してくれます。手書きや写真などからでも作成してもらえるので、気軽に相談してみましょう。
作成する前に実物を見て確認できる様に、デモ機の貸し出しも行っており、メールフォームで簡単に申し込めます。販売実績が大変多く、アフターフォローもしっかりしている会社なら、安心してパネル作成を依頼できます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加